※更新は気まぐれです※

15.09.13  南洋州 大荒れの天気に

昨日9時ごろから、発達した低気圧の影響で南洋州には大雨が降った。

特に西部は大きな被害を受け、各地で道路の冠水、高潮による海水の流入、低地の浸水、河川の増水、土砂崩れなどが起こった。

1時間雨量は、南岸町で114mm、浜野市で96mm、真家市で88mm、成浦市でも46mmの大雨となった。

一時、西部の市町村、およそ45万人に避難勧告が出され、大混乱となった。

また、都市圏でも道路が冠水し、バスや地下鉄が運行できなくなったため、帰宅難民があふれる事態となった。

交通への影響も大きく、電鉄湾岸線、中海線、南成田線などの一部区間で運転見合わせ、各高速線では徐行運転を行っている。

空の便は、新成浦空港の空港設備浸水のため、午前中の主要路線の便は全て欠航している。午後も、運航するのは僅かとなる見通し。

南洋州に多くの被害をもたらした今回の大雨、今後の復旧作業には時間がかかりそうだ。